住宅を改造だ!より暮らしやすい生活が待ってるぞ

ライトと壁の花

住宅の改善を行なう

リフォーム金額は家によって違う

新築住宅の価格はわかりやすいものですが、住宅リフォームの価格というものはわかりにくいものです。新築住宅はもともと基本的な形が決まってますので、そこから必要なものを付け加えてつくっていくものです。車を購入するのと同じような感じでしょう。それに比べ住宅リフォームは、今の住宅の状態を基準に考えますので、金額が明確になってないのも理解できるでしょう。わかりやすいのは、お風呂や洗面台、キッチンの値段でしょう。平均的にみれば、それぞれ50万円から200万円が相場ではないでしょうか。ただ、サイズが合うのか、配管なども従来のものが使えるのかはわからないので、きちんとリフォーム業者に調べてもらうといいでしょう。

需要と供給のバランス

昔は大工さんが増築や改築をしていました。もちろん今でもそれは変わってないのです。ただ、住宅リフォームの人気が出て、資材も豊富にあって、デザインや機能も良くなっているのです。昔との違いは、お客様が求めるものを提供できるようになったことでしょう。今では需要と供給のバランスがとれているのでしょう。それも、リフォーム業者がお客様目線で商品開発をしたことが大きいでしょう。子供がいる家庭には、子供から目を離さないように対面式キッチンを利用したり、家事を効率的に出来るように動線を工夫しています。また、お年寄りがいる家は、手すりを設けたり、バリアフリーにして移動するのを楽にしています。このようにそこに住む人にあった家造りをしています。

Copyright© 2015 住宅を改造だ!より暮らしやすい生活が待ってるぞ All Rights Reserved.